スイス製

革新性、デザイン、機能性、伝統。ビクトリノックスにとって「スイス製」が意味するものとは?

革新性という伝統

伝統と革新は相反するものと考える人もいます。ビクトリノックスは違います。革新性こそビクトリノックスの伝統であり、1897年に最初のマルチツールの特許を取得した時から守り続けてきたものです。 革新性がビクトリノックスの生まれながらの特長であるように、私たちの故郷であるスイスも同様です。インスピレーションの根源であり、受け継がれてきた財産なのです。スイスが革新性と強く結びついているのも偶然ではありません。 

ここ、スイスのナイフバレーで、溶かしたスチールの塊を何世代にもわたる経験と混ぜ合わせ、世界中で愛されるナイフを鍛造しているのです。ビクトリノックスがどのように次の世代にこの知識を伝えているかを、ビクトリノックスの刃物師見習いのファビアンの歩む道を追って紹介します。 
 
ビクトリノックスがスイスで生み出しているのはナイフとナイフの専門家だけではありません。デレモンのウォッチ コンピテンスセンターでは高品質なウォッチ部品を製造し、ビクトリノックスのウォッチを高度な技術で組み立てています。社内の専門家がビクトリノックスのタイムピースにおける飽くなき革新への取り組みとI.N.O.X.メカニカルのウッド素材のウォッチストラップがどのようにユニークな革新性を備えているかを解説します。
 
ビクトリノックスのフレグランスを生んだスイスのインスピレーションを称えるため、スイスの有名シェフロルフ・カヴィーゼルに、ビクトリノックスを代表する香りを元にした料理の開発を依頼しました。ビクトリノックスのフレグランスと同様に、高品質な素材と革新的な方法によって素晴らしいものが生まれました。 
 
部品の選択からそれを組み立てる人々まで、ビクトリノックスにとって「スイス製」が意味するものについて、ぜひお読みください。