130年にわたる情熱

創業130年以上にわたって、ビクトリノックスは一貫して、オリジナル・マルチツールの伝統を受け継ぎ、品質と革新に取り組んできました。ファミリー企業であるビクトリノックスの経営理念は、継続的な成長を遂げる確固とした価値観に基づいています。

ビクトリノックスについて

1884年、カール・エルズナーは、シュヴィーツ州イーバッハで刃物のワークショップを開設しました。当時スイスは、ヨーロッパではまだ貧しい国の1つでした。大勢のスイス人は失業し、国外へ移住する以外に方法がない状況が続きました。刃物職人のカール・エルズナーは雇用を創出し、それを食い止めようと努めました。

1891年、この年に初めて、カール・エルズナーはソルジャーナイフをスイス陸軍に納入しました。1897年には、今日のブランドの象徴であるマルチツール、「オリジナル・オフィサー・アンド・スポーツナイフ」というオフィサーナイフの開発に着手し、世界で認められる成長企業としての礎を築きました。

それ以来、エルズナーの団結のスピリット、地域に深く根ざした確固たる価値感へのコミットメントが、ビクトリノックスの企業理念を形成しました。 

今日、ビクトリノックスは、次の6種類の商品カテゴリを展開するグローバル企業です:マルチツール​キッチンナイフウォッチトラベル&ビジネスギアアパレルおよびフレグランス。マルチツールは、コアとなる商品であり、すべての商品カテゴリの開発に先駆的な役割を果たしています。

品質

ビクトリノックスは、その商品がすべての分野において最高の水準を満たしており、生産拠点にかかわらず、決して妥協を許さない品質であることを保証します。ビクトリノックスの商品のほとんど –​ マルチツール​キッチンナイフウォッチ​、フレグランス –​ が、スイスで製造されています。

専門性の高い技術で生産するため、トラベル&ビジネスギアおよびアパレル​商品は海外で生産されていますが、ここでも効率的な生産に必要な技術、スタッフまた素材が確保されています。これらの商品もまた、最高水準を確実に満たすことができるよう、提携先は厳選され、厳しい品質基準が設けられています。

この高い品質と機能性を兼ね備えるパフォーマンスの高さから、ビクトリノックスはスイスだけでなく、世界中で高い評価を得ています。

社会的責任

Victorinox AGは独立した同族会社であり、株式の90%は、ビクトリノックス財団が保有しています。90%の利益が内部留保されるという企業形態により自社の存在が守られています。残りの10%の株式は、慈善事業を支援する非営利基金が保有しています。

歴史
サステナビリティ
プレス
採用情報
ニュース